自ら創る自由な旅 季節を思う自然の旅          

 

テントレックは四季を通じて 自然を行く旅 

徒歩、スキー、カヤック、自転車など

それぞれの場所と季節にふさわしい方法で出かければ 

知らない自分に出あい 

新しい世界が見つかるかもしれません 

2015年のテントレック

 1年に10の旅を目標にして出かけています  (太字は実施・細字は未実施)

 

① 北海道パウダースキー(1月)            

  ニセコのパウダーを味おうと格安ツアーをアレンジして行ってきました。ルスツ、ニセコ、羊蹄山と回りました。

② 兵庫オートルート(2月)                  

  後山から扇ノ山で、兵庫、岡山、鳥取の県境を行く長いスキー縦走。4日間のうち2日は夜まで歩きました。

③ 白山スキー縦走(3月)                    

  大日岳から白山、三方岩岳まで、3日間の好天が得られず今年もできなかったのです。

④ 信越の山の旅(5月)                    

  スキーで残雪の山を巡る旅。車中泊しながら越後駒、苗場山、赤城山、平ヶ岳と登り滑りました。

⑤ 能登島シーカヤック(7月)           

  これで能登半島は、羽咋から能登島まですべてシーカヤックで巡ったことになります。

⑥ 五島列島縦断シーカヤック(8月)     

  五島列島を南の福江島から宇久島まで、キリシタン遺跡を訪ねながら漕いだ160㎞のシーカヤックの旅。

⑦ 屋久島(10月)                              

  ビャクシン沢を登って黒味岳、宮之浦岳、永田岳と島縦断。こんな愉快な山旅は久しぶり。

⑧ 東京ポタリング(10月)               

  東京には人が作り得る最高のものがあります。でも、やはり自然のほうが好き。ということで赤城山、筑波山、

  金時山など東京近郊の山も歩きました。

果無山縦走(11月)                           

  落葉の尾根を歩く交差縦走。小辺路から一歩踏み込んだ至極の山道、落ち葉を踏む感触がうれしいのです。

⑩「山・岩・沢・雪(山蹊記2)」(11月)

  「ひょうご山蹊記」から10年たってしまいましたが、本当に長い心の旅をしてきたような気がします。

 

 

著書紹介

山には多くの蹊があります。

山、岩、沢、雪の知識と技術。

それらを身につければ、山旅の可能性と自由、そして安全度は格段に広がります。

ぜひ、読んでみてください。

 

取り寄せは、このホームページからご連絡いただくか、書店、好日山荘(姫路店・大久保店・難波店)、またはアマゾンでできます